仕事を辞めたい!って思っている内は、転職しない方がいいですか?

   2015/07/07

仕事を辞めたい

仕事を辞めたい!そんな気持ちを持つ人は月間で五万人以上!

誰もが必ず一度は持つであろう気持ち・・・。

それが、仕事を辞めたい!という感情だと思います。

仕事を辞めたいから転職したいという方は驚くほど多く、仕事辞めたいというキーワードの月間検索ボリュームを調べてみると、なんと5万件以上もの検索数の結果が出ました。

 

いやはや、それほど多くの人が仕事に対して悩んでいるんですね。

とは言っても当然そうでしょう。

仕事以上に人生の大半を占める活動は他にないのですから!

当然のごとく、私の元にも数多くの相談が寄せられます。

 

仕事辞めたいです・・・上司のパワハラが酷くて・・・。

仕事辞めたいです・・・今の仕事のやりがいが見つかりません。

仕事辞めたいです・・・毎日同じような内容のことで飽きてしまって。

仕事辞めたいです・・・これが本当に自分のやりたかった仕事なのか疑問に感じて。

仕事辞めたいです・・・職場の雰囲気が悪くて。

 

等など、理由は人それぞれですが、皆共通して、何らかの不満を感じていました。

そして、「仕事辞めたいっ!って感じている内は転職したらダメかな?」っていう不安を感じています。

会社を辞めたくて仕方が無かったゼネコン時代・・・

当然ですが、私も仕事を辞めたくて仕方がなかったときがありました。

毎日浴びせられる罵倒、仕事が出来ない自分への恥ずかしさ、周りから見られる冷たい目、いつもいつも友人に愚痴ばかりを吐いていたような気がします。

 

そして、心の中でこう誓っていました。

 

「三年経ったら、俺は転職する・・・」

 

前回の記事、石の上にも三年は本当ですか?三年経ってから転職した方がいいのでしょうか?で言ったように、私は世間でいう盲目的な常識に囚われ、三年間仕事を続けました。

そして、三年経ってから転職したのです。

ある意味逃げなかったのは正解だった!

やりたいことがある、好きなことがある人は、三年という大事な時間を損しないようにするためにも私は勝負をしかけた方がいいと思っています。だから前回の記事でも、成し遂げたいことがあるのなら、三年間も我慢して仕事を続けるのは辞めた方がいいと言っています。

でも、私は最初の一年目、仕事が嫌で嫌でたまらなかったのですが、やりたいことや好きなことを見つけることが出来ていませんでした。

だからこそ、仕事を続ける道を選んだのでしょう。

やりたくもないようなことに三年という膨大な時間を捧げてしまったのは無駄だったとは思っていますが、逃げなかったのだけは正解だったと思います。

どうしても、「逃げた!」っていう気持ちは自分の心の中に残ってしまいます。

それは、自尊心を大幅に下げる行為であり、一生自分の中で負い目を感じて生きてしまう結果になるのです。

あなたの仕事を辞めたい!っていうのは「逃げたい」とイコールか?

パワハラや、やりがいのない仕事に飽きてしまったり、職場の雰囲気が悪かったりしたことで、仕事を辞めたい!というのは、逃げではないと私は思います。ある意味、環境に大いに依存している内容ですし、どうしようもない事も多々あるでしょう。

ですから、私の中の「逃げたい!」の定義は、自分でやらないといけない!と思っていることを、できない自分が嫌だから仕事を辞めたい!と思ったときです。

 

例を出すと、

”会社の上司に何か頼まれて、それを期日までに仕上げないといけない!でも、それが間に合わなくて叱られてしまった!こういうことが続いてしまって、会社を辞めたい!”

というのは、「逃げたい!」に含まれてしまいます。

 

ケースバイケースなので、ちょっとこの辺りの判定は難しいのでしょうが、これは当たり前のことだ!って自分で思っていることをやれずに、投げ出したいときを「逃げ!」と定義してもいいと思います。

たまに会社に洗脳されて、まともではないことを「これは当たり前のことだ!」というように捉えてしまい、それが出来ない自分を責めて、逃げている!と錯覚されている方もいますが、それは逃げではないので、安心してください

以前、新入社員なのに精神攻撃を受け続けて、うつ病と診断された方がいました。この方は怒られている内容が非常に常識を逸脱しているような内容だったのにも関わらず、自分が出来ないのが悪い!と植えつけられたせいで、自分を責め続けてしまったようです。

結果、休職するはめになり、半年間外にも出られなったそうです。

 

このような、自分で逃げたいだけなのか?判定できないような状況の方は転職マニアにご相談下さい。

私でよければ、一般的な目線から見た逃げ!かどうかをアドバイスさせて頂きます。

結局、「逃げ!」でなければ転職はしていい!

自分が「逃げ」ではないと感じているのなら、私は転職していいと思います。

負い目を感じているのにも関わらず、転職をしようとすると、別の場所にいってもそこで発生した問題が嫌だとまた、逃げたい衝動に駆られてしまいますからね。

それ以外は、転職していいのではないでしょうか?

 

以前も記事で書きましたが、欧米では転職は当たり前!日本では、”一社に長く”が風潮として強いですけど、そこ限定であなたの可能性を薄めてしまうのは良く無い気がしますけどね。

私が以前相談に乗った方で、航空会社の道に進んだ方は、転職するかどうかで非常に悩まれていましたけど、転職した先でめっちゃイキイキしていましたよ!

相当厳しい場所だったみたいですけど、新しい環境で新しい出会いを経験し、自分の可能性の広がりを感じていたようです。

 

あんまりにも転職を繰り返しすぎる人は、逃げ癖がついているのでは?と私も心配しますが、二、三回くらいの転職だったら、あなたの経験を大きく飛躍させる結果となるので、周りの死んだような目をしている友人より遥かに有意義な時間を過ごしているのではないでしょうか?

一度、あなたの仕事辞めたい!理由を逃げかどうか?問いただしてみることをお勧めしておきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析