獲得タイプの会社はこうやって見抜く!

   2015/08/06

獲得

管理タイプの会社に続いて、獲得タイプの会社の見極め方を教えていきます。

管理タイプの会社は営業力や目標の達成能力、戦略的な思考を好むタイプの人にオススメできる会社でした。

是非、こういった性格のあなたは獲得タイプの会社選びを行ってください!

獲得タイプを見極める要素はこちらです。

  • ROE(株主資本利益率)が10%以上
  • ROA(総資産利益率)が5%以上
  • 売上高営業利益率が他社より大きい

です。

まずは、「ROE」から見ていきましょう。

こちらは大きければ大きいほど利益を出す能力が高いことを示しています。

計算式が当期純利益÷株主資本×100で算出することができ、株主の資本に対してどれだけ利益を上げられたか?を図ることができます。

企業は、社会への貢献が大きな目的の一つではありますが、当然株主に対しても利益を出す必要がありますよね?

そこで、株でお金を儲けている人なども非常に注目するポイントで、利益を出す能力が高ければ高いほど、この数字が高くなるというわけです。

計算式に必要な当期純利益は損益計算書、株主資本は貸借対照表から数字を引っ張ってこれます。

続いて、「ROA」ですが、当期純利益÷資産合計×100で算出することができます。

こちらは、総資産に対してどれだけの利益をあげられたか?が分かりますね。

こちらも同様、大きければ大きいほど良く、持っている資産に対してどれだけの利益をあげられたかが分かります。

必要な数字は当期純利益が損益計算書、資産合計が貸借対照表から得られます。

最後に「売上高営業利益率」です。

こちらは、営業利益÷売上高×100で算出できます。

凄くわかりやすいと思うのですが、売上高に対してどれだけの営業利益を上げられているか?が分かる計算式です。

当然、数字が大きければ大きいほど利益を出す力が高いことが分かります。

こちらの数字は全て損益計算書から引っ張ってこれます。

同業他社と比べて、売上高営業利益率が高ければ高いほど、本業での稼ぎ方が上手な証拠となるでしょう!

利益の獲得は会社にとって非常に大事なことです。

どこに、その会社の獲得能力の高さがあるのか?企業の強みを理解し、自身がそこに役に立てる人材であるアピールをできるように心がけていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析