開拓タイプの会社はこうやって見抜く!

   2015/07/28

開拓

最後に開拓タイプの会社を見極めましょう。

開拓タイプの会社が合う人は、イノベーションやクリエイティブタイプの人でしたね。

開拓タイプとは、市場を開拓し、新規顧客を開拓するような成長レートを新しく作ることができる会社のことです。

開拓タイプの会社は、

  • 売上高伸び率が前期、他社より伸びている
  • 営業利益伸び率が前期、他社より伸びている
  • 経常利益伸び率が前期、他社より伸びている

で見極めていきます。

まずは、「売上高伸び率」です。

こちらは、(当期の売上高-前期の売上高)÷前期の売上高×100で算出します。

当期の損益計算所と前期の損益計算書に書かれている数字を使ってください。

まぁ、当期の売上高と前期の売上高を見比べるだけでもその成長率は一目瞭然だとは思いますので、しっかりと率を見たい人が計算を行って下さい。

続いて、営業利益伸び率を見ていきましょう。

こちらの計算は(当期の営業利益-前期の営業利益)÷前期の営業利益×100で算出できます。

先ほどと同じように、当期の損益計算所と前期の損益計算書から算出してください。

当然、これも伸び率が高ければ高いほど、営業利益を伸ばしていると分かるので大事なことです。

最後は経常利益率ですね。

経常利益率は(当期の経常利益-前期の経常利益)÷前期の経常利益×100で算出します。

先ほどと同じように、当期の損益計算所と前期の損益計算書から算出してください。

これも、前期に比べて伸び率が高ければ高いほどいいです。

なぜ?前期に比べて利益率が伸びているかを事業内容と照らし合わせてみておくと、なおgoodです。

おおよその目安ですが、大体開拓能力が高い会社は以下のような他社にはない力を持っています。

  • 商品開発能力が高い
  • コストの最小化能力が高い
  • 海外進出での成功能力が高い(どういった地域でどのように売ればいいのか?が分かっている)
  • 他社にはない経営システムを導入している

などです。

こうした意識を持って、会社のホームページなどで調べてみるとすぐにポイントなる強みを見つけることができるでしょう。

しっかりと、入りたい会社に対しての理解を深めていってください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析