決算書を使った会社タイプの見極めで得られること!

   2015/07/28

見極める

さて、管理タイプの会社、獲得タイプの会社、開拓タイプの会社と見てきましたが、如何だったでしょうか?

企業というものは、自分の会社に似た人材を欲しがっています

例えば、開拓が得意な会社に管理タイプの人間が面接に来ても、それはウチの社風に合わないと言われるのがオチですよね?

自分に似たタイプの会社であれば、そのタイプに合わせた自分の過去の経験をアピールしていってください。

 

一つだけ例を挙げてみましょう。

A社という会社があったとして、ROE(株主資本利益率)が10%以上、ROA(総資産利益率)が5%以上、売上高営業利益率が他社より大きい会社でした。

当然、獲得タイプの会社なので、あなたも獲得タイプの人間であることをアピールすればいいわけですね。

一応、営業を志望している人の会話だとします。

「今まで、一番実績を残したことは何ですか?」などの質問が来た場合はこのように答えます。

「はい、前職では飛び込みで栄養サプリメントを販売する仕事をしていましたが、販売数を10%伸ばすという過去の実績からすると非常に難しいノルマを課されたことがあります。

多くの人が新規顧客獲得という視点で営業活動をおこなっていましたが、私は過去の経験から新規顧客の獲得では10%の販売数増加は厳しいという判断で、既存の顧客のリピート率確保に力を入れていました。
こちらは、以前購入されたお客様の意見で、販売された人のアフターケアが少なく、実際に効果が現れているのかが不安だ!という意見を元に、限りなくアフターフォローに力を入れることで、既存顧客との信頼関係を構築し、大幅なリピート率アップに繋がりました。

おかげで、ほとんどの人が達成できなかった販売数10%を達成することができました。」

などです。

 

これは、過去の経験を元に自分なりに戦略を立て、目標をしっかりと達成することのできる獲得タイプの会社に必要とされる人材をアピールできる答えだと思います。

勿論、もう少し具体的な話をするべきだとは思いますが、会社のタイプに合った人材である!というアピールはできているものと思います。

このように、質問される内容に応じて、あなたがその会社に適した人材であるという回答を行っていくことがポイントなのです。

しかし、ここまで話してしまうと決算書だけに頼ってしまう方もいるかもしれませんが、完全に決算書通りの会社だとは限りません。

あくまでも、会社がどういった経営をしているのか?どういった事業展開をしているのか?に着目して欲しいと思っています。

ですから、これまでの決算書を使った会社のタイプの見極め+会社のホームページ、募集要項などを見て、行きたい会社がどのようなタイプなのか?の見極めをおこなっていきましょう。

そして、あなたがその会社にマッチングする人材であるという回答を考えていくのです。

決算書を読めるようになることはメンタルカバーにも役立つ!

実際に私が言ったことを実践してきた方は既に脳の意識改革に成功しています。

どういうことかと言いますと、企業への理解もさることながら、どういう流れで会社が利益を上げているのか?や安定性を保とうとしているか?に着目しやすくなっているからです。

ただ、漠然と会社のホームページや事業内容を眺めていて頭に入ってくるでしょうか?

決算書で同業他社と比べたり、前期の内容と比較したことにより、より深い企業研究ができるようになっているはずです。

そして、なにより、ここまで自分はやったんだ!という大きな自信を持つことができるようになっているはずです。

転職は常に不安がつきまといます。

しかし、これらの他の応募者がやっていない企業研究をやったことで、転職を成功させる自信がつき、かつ、入った後でも、「この会社のことはしっかりと分かっている!」と安心した転職が可能となるのです。

決算書を読めるようになったことで、今後の会社の経営状況も判断できるようになりますし、社会全体の動向にも注目がいくようになることは間違いありません。

企業は今、数字に強い人材を探しています。

そんな時に、他の人と大きな差を付けたあなたが必要とされるのです。

ただし、いくら決算書が読めるようになったかといって、大げさに面接などでアピールすることはやめて下さい。

しっかりと企業研究をやってきたことは、必ず何らかの形で面接官側には伝わります。

知ったかぶりをしたような人間は嫌われてしまいますから、あくまでも自然な感じでのアピールをしていきましょうね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析