転職エージェントを活用して自分に合った会社に転職しよう。

   2015/09/03

転職エージェント

私は、これまで数々の大企業の面接や試験に合格した経験から転職・起業のアドバイザーとして何人もの転職希望者の転職相談を受けてきました。

そうした相談を受けている中で、最も基本的なあるひとつのことに気がつきました。

そう、転職したいと思った方は

  • 転職したいと思ったけど、最初に何をしていいのか分からない!
  • どうやって求人を探したらいいのか分からない!
  • 自分の希望している求人を見つけきらない!

などの悩みを持っていたことです。
「ハローワークに行けばいいの?」「”つて”を宛にしたらいいの?」
などの最も初歩的な質問も多く寄せられました。

「・・・・これは良くないな、何とかしてあげなきゃ・・・・」

そう思った私は早速、各業界の転職エージェントをくまなく調べ回しました。

転職は情報収集から始まります。

本気で転職したいと思ったら最初にやるべきことは様々な転職エージェントに登録することなのです。私も転職エージェントを活用するようになってから面接に受かりまくるようになりました。

なぜ、転職エージェントを活用した方がいいかというと、転職に関する詳しい情報が非常に多く得られるからです。

初めての転職で右も左も分からないような人は特に、転職エージェントを活用して転職への方向性を補佐してもらいましょう。

私は、面接でどうやって受かれば良いですか?とか、書類選考に受かりません!などの相談が多いかと思っていたのですが、意外に最初の情報収集のやり方が分かっていない人が多いんですね。そういった情報は転職エージェントに聞けばすぐに解決できるんです。

転職サイトやハローワークではダメなの?

多くの人が登録を面倒臭がったり、自分で転職サイトを使って申し込む方も多いですが、転職エージェントの方がより好条件の求人を持っていますし、自分で応募するよりもより確実に、そしてスピーディーに求人にも応募してくれます。独学で転職活動をやってもいいですが、プロに教えて貰った方が、圧倒的に採用される可能性は高くなります。

ハローワークなどでも情報を得られますが、あまりにも情報が薄すぎて話になりません。
私もハローワークで求人を探したこともありますが、求人の質は悪いし、情報が古かったり、事務の方も全然理解しておらず、本当に転職の手伝いをしてくれる人なのかな?と疑問に思ったくらいです。
転職エージェントを活用しないと、結局、市場の動向や自分の価値すら理解出来ず、「転職できるかどうか?」の判断すら出来ないのです。

新聞や雑誌の求人広告からの応募はタブーと心得ろ!

新聞や雑誌の広告を見て、求人に応募する方も多いと思いますが、私はやめたほうが良いと思っています

なぜなら、新聞や雑誌から応募するときは本当に自分に合った企業を探すというよりかは、単純にそこに掲載されているから!という視点で応募してしまうからです。

思わず、魅力的な広告にのせられて転職などしてしまうと、自分にまったく合っていなかったり、長期的に見るとひどい会社だったりもします。

また、多くの人がその求人を見ているために、応募者も多く、採用されたらラッキーじゃね?といった簡単なノリで応募する人もいます。

そういった応募者が集まる中で面接官は何を見てふるいにかけるかというと、単純に学歴であったり、元いた会社の規模であったりとあなたの一面でしか判断されなくなるのです。

もし、学歴が相当自信があり、その企業に関しても詳しいのなら問題はありませんが、基本的に新聞や雑誌の広告からは応募しないほうがいいでしょうね。

一昔前ですと、転職エージェントなどの存在を知らずに、自分で雑誌や広告を見て応募する人はいましたが、現在、本気で転職しようと思った人は大体エージェントを活用して自分の性格やスキル、経験からマッチングしてもらうのが主流です。

転職活動するのも時間がかかりますので、そういったことに時間をかけずに最初から転職エージェントを活用するようにしてください!

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、求職者と求人者の両方を繋ぎ合わせるために用意された、人材紹介のエキスパートです。
彼らが持つ役割は、転職を成功させる秘訣を求職者に与えることは勿論のこと、その人に合った性格や要望を見抜き、そういった人を求めている会社に的確に紹介することです。
なので、どういった職場が自分に合うのか?または、何が足りない知識なのか?を彼らから聞き出し、その情報を得ることが非常に大事なのです。
そして、大きな特徴として非公開の高質な求人を沢山抱え込んでいます
これは企業側が、優秀な転職人材サービスによって、プロから企業が望む人材をマッチングさせて連れてきてもらうためです。
ですから、転職サイトなどには載っていない、あなたの予想を大きく超える給与や待遇を提示してくれます。

転職エージェントは完全に無料です。

先ほども言いましたが、転職エージェントは転職のプロが集められた転職支援会社です。

転職エージェントを使うメリットは五つあります。

  • 求人側と求職側のニーズをマッチングさせるため、最新情報であること
  • 実際に働かないと分からない職場の環境を教えてくれる
  • ハローワークなどと違い、転職で合格する秘訣を教えてくれる
  • 自分では見つけきらないニッチな求人を教えてくれる
  • その他転職に欠かせない有益な情報を得られる

です。

そして、そのサービスを完全に無料で活用することができます!転職のプロから無料で様々な情報を聞き出し、誰にも流されない、真の理想の転職を目指しましょう。

当サイトで紹介している転職サイトの特徴

私も転職エージェントには5,6件登録していましたが、自分に合う求人を扱っているエージェント、自分の望みに沿った転職の支援をしてくれるエージェントは極一部でしかありませんでした。

実は、転職エージェントというものは、個々によって、一定の業種に強かったり、未経験者にも優しい求人を扱っていたりと様々なんです。

そして、山のようにある転職支援サービスの中から、自分に合う転職エージェントを探すのにも一苦労しましたね・・・。

転職エージェントが合わないと自分の要望に合う求人を紹介してくれなかったり、自分の性格を見抜いて企業へのアピールポイントを見つけ出したりしてくれません!例えば、自分は飲食業界への転職がしたいと思っていても、そういった求人を扱っていない転職エージェントに登録しても行きたい業種を扱っていないので、意味がないことになりますよね?

だからこそ、このサイトでは様々な業界の転職支援を行ってきた私が、業種に縛られず、転職をしたいと思っている方の悩みや疑問をまとめ、できるだけその人に合いそうな転職エージェントを紹介しています。

是非自分の悩みとマッチングしないか確認して、どの転職エージェントが自分の理想の転職を叶えてくれそうか考えてみて下さい。

転職ジャンルはこちらを用意しました!

転職のジャンルは、総合系転職、介護系転職、看護系転職、薬剤師系転職を用意しました。

今後も少しずつですが、転職のジャンルを増やし、それに関する記事を追加させて頂きます。

転職したいと思っているけど、業界も決まっていない、初めての転職だ!というような方は総合転職を、既に行きたい業界が決まっていて、より自分の探している求人を見つけたい場合は、専門系の転職エージェントを活用してみてください。

総合系転職

総合転職系の転職エージェントは多数あるのですが、私が選んだ転職エージェントは六つです。

それぞれ、求人量が多かったり、エージェントの質が高かったり、または未経験者にも優しい転職エージェントだったりと、それぞれに特徴があります。

 

リクルートエージェント

リクルート

日本で最も有名な転職エージェント

私が最もお世話になった転職エージェントでもあり、その人に合った求人を紹介してくれ、面接対応策なども充実しています。

当サイトでも圧倒的な人気をほこり、転職者は最初に絶対に登録すべきマルチ転職エージェントの一つだと思います。

リクルートエージェントの詳細を見る

 

マイナビエージェント

マイナビ

IT業界、メーカーなどに強い影響力を持ち、マイナビ独自のネットワークで好条件の求人や転職情報を集めています。注目すべきは顔出しまでしている転職エージェント達です。

なんと、96%以上の利用者がそのサービスに満足したと答えています。私も活用しましたが、ここの転職エージェントは非常に親身になって協力してくれます。

マイナビエージェントの詳細を見る

 

typeの人材紹介

type

転職支援業界でも指折りのサービス支援をして、小さな会社ながら生き残ってきた転職支援会社です。

@typeなどの有名な転職サイトも運営しており、職業適性審査、適性年収など自身の価値を理解できるようなコンテンツなども用意しています。

地方までの求人は無いものの都市部で転職を考えている人は必ず利用するべき転職エージェントです。

typeの人材紹介の詳細を見る

 

JACリクルートメント

jac

外資系の仕事やより高給かつやりがいのある仕事を探している人には必ず活用すべき転職エージェント

海外にも支店をいくつも抱えており、その情報網は日本一とも言って良い。求人は少ないものの、より自分を成長させたい!などの向上心があるような人にはいい求人が見つかると思います。

JACリクルートメントの詳細を見る

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代に特化した未経験からでも正社員が目指せる転職エージェントサイト

マーケティング関係の仕事やIT関係の求人を多数扱っており、人柄重視での求人募集などで、ほかの求人に比べてハードルがやや低めで狙い目なのが特徴的です。

ハタラクティブの詳細を見る

 

 

DODA

DODA

DODAは転職支援サイトの中でも、かなりの大規模サイトの1つで、求人数も日本でも最大です。

よく、転職未経験の人などがこのDODAを利用しており、初めて転職をしようと考えている方はエージェントに話を聞いてみるのもいいと思います。

DODAの詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析