業界研究のやり方はこうやってやろう!

   2015/08/06

業界研究

転職で求められる内容の一つに業界研究があります。

それだけ、その業界に対して精通しているのか?は面接官にとっても、企業で活躍してくれる人材かどうか?を判断するのに大切なことの一つでしょう。

未経験な職業を希望する場合も、同じ職業に就く場合もそれは同じです。

私が主に利用していた方法は二つです!

  • 業界研究本を読む!
  • 業界新聞を読む!

です。

業界研究本とは?

私のオススメは秀和システムの「最新○○業界の動向とカラクリガよーくわかる本」シリーズです!

こちらは、分かり易くほぼ全ての業界の基本情報や最新業界情報が載っていますので業界の研究をするならもってこいの本です。

私が経営コンサルタント時代に他業種の内容を理解するのにも活用していました。

誰でも簡単に勉強できるので是非一読しておいてください!

もし、業界が絞れていないという方は、全ての業界に関するまとめが書かれたような本を読むといいと思います。

ざっくりとこの業界はこうで、この業界はこう!といった感じでまとめられている本は、一冊すぐに読めて、幅広い業界の動向を調べることができます。

業界と職種が分かる本!と書かれているような本がそういったまとめが書かれていますよ!

業界新聞

実は、業界ごとに新聞は発売されています。

新しい業界の情報が記載されていますから、業界研究にもってこいです。

私のオススメは、上記の「最新○○業界の動向とカラクリガよーくわかる本」シリーズを読んでからが良いと思います。

一度、本で基本的な知識や動向を頭に入れておくと、理解がぐんと早まります。

業界新聞を手に入れたいときは、会計事務所の道具箱に専門業界の新聞が載っています。

なるべく、一番有名な専門業界新聞を読みたいと思うので、お勧めは”○○業界新聞”と自分の行きたい業界を入力して出てきた業界新聞を選ぶことです。

上位表示される新聞はそれだけ知名度も高く、沢山の人が呼んでいる可能性が高いです。

ネット上でもある程度情報を得られますが、実際に購入しておいた方が、全体のニュースを捉えやすいですし、業界研究をするのに使いやすいと私は思います。

ネットで出てきた新聞をくまなく捜せば定期購入の案内が出てくるので、そこで購入するようにしましょう!

まれに採用に関する情報なども載っていて、目から鱗ですよ。

恐らく、ほとんどの方がこういった業界研究方法を初めて知ったでしょうし、実践していません!

なので、こういった努力をしていると圧倒的な差が生まれ、内定を取れる確立がぐっと上がります。

というのは、広い意味で業界に関しての知識を持っている人は重宝されやすいからです!

企業研究をする時も、業界研究をした後だと更なる理解の増加を促してくれるので、是非行ってくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析