なぜこの会社を選んだのか?はあなたの本気度を測る質問の一つ!

   2015/07/28

本気度

”なぜ当社を志望したのですか?””なぜ、他社ではなくウチなのですか?”も面接で良く聞かれる質問ですよね?

これは、

  • 自社への理解度があるか?
  • 本気で入社する気があるのか?
  • 他社の動向や業界知識があった上での選択か?
  • 自分が自社で活躍できそうなイメージが掴めているか?
  • 入社して、やるべきことを理解しているのか?

などのあなたの入社への本気度を確認することを目的としています。

これは、口だけではごまかせないので、しっかりと情報収集した具体的な話を盛り込む必要があります。

業界研究のやり方はこうやってやろう!企業研究のやり方はこうやってやろう!をよく読んで、実践していれば非常に大きなアピールができることでしょう。

例えば、未経験からの転職であれば、その業界の伸び率、海外進出に目を向けている部分に着目し、その業界を志望した(具体的にその会社がどのようにシェアを伸ばしているか?海外展開において、どのような対策を取っているかを見て判断する)と話せば、社会の流れを読み込んで判断できる人材だとアピールが可能であるし、同業界であれば、他社製品との違い、経営手法の違い、などを具体的に挙げ、他社に比べて優れた部分を理解していることを話しましょう。

こうした、会社側の考えている戦略や戦術を理解して話せれば、

「あぁ、この人はきちんとウチの会社のことを調べてくれて、理解してくれているんだなぁ」

と、納得してくれるでしょう。

また、前職での経験を活かせると判断できたのなら、その部分も織り交ぜながら話すのもいいです。

「当社の○○という事業に興味を持っており、私の前職で培った××という能力がお役に立てると思います。」

などといった、自分の働くイメージができている部分を話すことは、向こうとしてもすぐに役に立ってくれそうだと判断しやすいので、採用の確立は高まります。

一番悪い例は、あなたの理想を憶測だけで話すことです。

御社では、フレックスタイムという制度をもっているので、他社に比べてノビノビと自由に仕事ができるだろう!または、クリエイティブな仕事ができるだろう!と思いました。
などといった志望動機は最悪です。

その仕事の実態が掴めておらず、なんとなく自分の理想の仕事場に見えるからという回答は、その人の本気度も疑われてしまいますし、理想ばかり見て、現実を知らない、新卒生のような印象を与えてしまいます。

結構、この手の回答をする人は多く、抽象的なイメージを志望動機で語ります。

憧れの職業だった・・・・、非常にやりがいがありそうに思えた・・・・、ライフワークバランスの確立ができそうに感じた・・・・など、誰しも聞いたことがあるような志望動機ではないですか?

こういう回答をしてしまう人は、例外なく、勉強不足であり、採用担当者から見ると、給与面、待遇面、残業時間など、惹かれる面だけが印象に残り、会社の都合も考えずに甘い蜜だけを求めて来た愚者のように写ってしまうのです。

膨大な情報を集め、自分と会社との相性をマッチングさせて来た賢人だという印象を与えるようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析