転職の面接でこれは言っちゃダメ!面接官に嫌われるNGワード集

   2015/07/28

NGワード

面接通過の鍵を押さえておくにあたり、知っておいて欲しい最重要項目ともいえるのが、この面接官に嫌われるNGワードです。

転職をするにあたり、皆さん面接で言ってはいけない言葉が気になりませんか?

自分で面接用の答えを用意するのは勿論大事なのですが、その受け答えで用意していた言葉が悪かったら・・・・。

この記事では、面接官に嫌われるNGワードを集めてきました。

自分の用意している志望理由や退職理由、はたまた企業へのアピールポイントにはたしてミスがないのか?今一度チェックしてみてください。

これが面接官に嫌われる言葉達だ!

  • コミュニケーションには自信があります。
  • 昔から好きだった
  • 人に感謝される仕事がしたい
  • 社会に役立つ仕事がしたい
  • ワークライフバランスを重視したいと思って
  • ご存知ないかもしれませんが
  • 成長させてほしい
  • 運が良かったので
  • 人材紹介会社の推薦で来ました。
  • 何でもかんでも「頑張ります!」
  • 質問はありますか?・・・いいえ、ありません
  • やりたいばかりで、どう役に立つのか?の視点がない!
  • 結論から話さない
  • チープな質問をしてしまう

もしかしたら、この中にあなたが言ってしまいそうなキーワードがあったのではないですか?

こういった答えは凄く面接官に嫌われますよ!

一つ一つ理由を教えていきますので、押さえておいてくださいね。

コミュニケーションには自信があります。

これは、あなたの長所は何ですか?と聞かれたときに答える最悪の答えの一つです。

実は、私も最初の面接の時に思わず答えてしまった答え方の一つですね。

もうですね、面接官も聞きあきれている回答の一つなんですよ。

コミュニケーション能力は社会人として必須なスキルの一つですし、コミュニケーションのプロである面接官にその言葉を吐いてしまうと相当カチンとくるそうです。

コミュニケーション能力は面接の場で、実際に面接官とのやり取りの中で見せつければいいことです。

わざわざ、長所として取り上げてしまうとかなり深く突っ込まれたり、不採用の原因となってしまうのでやめておいてくださいね。

それでも、コミュニケーション能力が得意と言いたい方は、実際にどのような場面を指してコミュニケーション能力があるのか?具体的にその能力のおかげで仕事が上手くいったか?を話せるようにしておきましょう。

間違っても、単純な理由などでコミュニケーション能力があるとは言ってはダメですよ!

昔から好きだった

続きましては、”昔から好きだった”ですね。

これは、志望動機を答えるときに良く答える人がいる回答の一つです。

例えば、車メーカーを希望している人で「なぜ、当社なのですか?」と聞かれたら「昔から御社の車が好きだったから・・・」と答えます。

新卒ならまだしも、社会を経験してきたような大人が答えていいものではありませんね?

いくつか他の理由に付随させて答えるなら大丈夫ですが、メイン理由として押し出すのは辞めてくださいね!

人に感謝される仕事がしたい

これもダメな回答の一つですね。

どの仕事でも、人に感謝される仕事の一つです。

例えば、私が建設業界で橋などを作っていましたが、遠回りでも人に感謝される仕事の一つですよね?

ですから、あなたの前職の仕事でも感謝される仕事はあるはずなのです。

なので、短絡的に「人に感謝される仕事がしたい」とは言わないようにしましょうね!

おそらく、こういった方は”ダイレクトに人と接して直接ありがとうといってもらうような仕事をしたいのだと思うのです”が、社会を経験してきた人が言うと幼稚に聞こえないでしょうか?

勿論、人材派遣会社などは、その人の役に立つことでモロに感謝の恩恵を受け入れられるかもしれません。

なので、そういった仕事で答えるときは「今まではあまり直接人と接する機会が無く、感謝される実感が持てなかったのですが、より顧客に対して身近で仕事をしたいと思って・・・」などと、より具体性のある話に作り上げておきましょう。

間違っても、どの模倣回答にも書いてあるような答え方はしてはいけません!

社会に役立つ仕事がしたい

こちらも上記と同様な理由でダメですね。

具体的に、○○という形で社会の役に立ちたいと答えられるのならいいですが、漠然と社会の役に立ちたいなどと答えたらバカ丸出しです!

しっかりと内容を考えた上で話す場合はこのような言葉は出ないはずですよ!

ワークライフバランスを重視したいと思って

これもねぇ・・・・・。

勿論、ワークバランスを大事にすることはいいのですが、面接では言わないほうが良いでしょう。

私も前職が辛かったので、ワークライフバランスを重視した仕事に就きたいと思ったのですが、基本的に会社側はバリバリと働いてくれる人を望んでいるので、「こいつ、残業に対して文句言うタイプか?」と疑われてしまいます。

で、実際にこれを言って、落ちたこともあります。

本当に会社がワークライフバランスを重視していて、ちょっと付け加える程度に志望理由で答えてもいいですが、これをメインの動機にするような人は、門前払いされること間違いありません!

ご存知ないかもしれませんが

これもあんまり宜しくありません。

あなたが、面接官に対して何か説明をしようとしたときに、「ご存じないかもしれませんが」と一言付け加えるのは、少し見下しているように感じるのです。

勿論、あなたからすれば気を遣って発言しているつもりでしょうが、それでもダメなのです。

ここで大切な考え方は相手に合わせる!ということです。

あなたが、少し気を回して相手が知らないだろうな!ということを分かり易く説明して上げられれば、それはコミュニケーション能力の高さも同時にアピールできることに繋がります。

なので、「ご存じないかもしれませんが・・・」という言葉は出さないように、あらかじめ難しい事柄を簡単に説明できるようにしておきましょう。

成長させてほしい

これも、企業側の立場に立って考えられていないから出る言葉の一つです。

何度も言っていますが、企業は利益を生んでくれる人を望んでいます。

学校でもないので、この言葉を使うのは辞めておきましょう。

当然、リクルートのような会社は成長したい!と強く望んでいる向上心のある人を採用したがるものですが、実際に成長したいと思っているような人は言葉の端はしからそれが伺えるので、あえて使う必要は無いのです。

運が良かったので

あなたが今まで残した実績を聞かれて、かなり凄いと褒められたとします。

そして、「なぜ?そのような実績を残せたと思いますか?」と聞かれ、「運が良かったからです」というのも辞めた方がいいと思います。

謙遜のつもりでしょうが、実際に実績を残せた根拠があるのなら遠慮せずに話しましょう。

はなにかけたような言い方はダメですが、謙虚がちに実は、○○という部分に着目して、××という予想を立てて行動したところ、このような結果が残せました!と言えば問題ありません!

本当に、運が良かっただけの人などは、その後面接官に「謙虚せずにおっしゃってください!」と言われても答えられないので、完全にアウトです。

運が良いと言う方は確かに好まれるのですが、なるべく具体的な結果を出せた根拠を答えましょう。

人材紹介会社の推薦で来ました。

驚くほどに、こんな志望理由を言う方もいるそうです。

人材会社の推薦?・・・・

あなたがこの会社に入りたいから来たんでしょうが!

そう思われるのがオチです。

間違っても、こんな志望理由は答えないようにしましょうね。

何でもかんでも「頑張ります!」

これは、頑張ります!という情熱が悪いと言っているわけではなく、具体的な根拠を説明しろ!という意味で書いています。

例えば、あなたが今まで経験したことのないような内容の仕事に対して、「□□のご経験がないようですが、やれそうですか?」と聞かれたときに、ただ漠然と「頑張ります!」と答えたらいけないということです。
新卒の大学生などはまだしも、社会人たるもの実際に実現できる根拠を示したいものです。

「確かに、□□の経験は無いですが、御社に入るまでの一ヶ月間に自宅学習と休日を利用した実践練習をして、入社までにある程度使えるようになっておきますので、大丈夫です。」

などと、プランを語りましょう!

私も経営コンサルタントになるときに、簿記が必要だったので学習してきます!と言いました。(当然、実際は学習していません。笑)

社会ではなによりも根拠が必要なのです。

質問はありますか?・・・いいえ、ありません

これは、本当に「おいおいおい!本当にウチに入りたいのかよ!」となります。

面接での逆質問は採用への大きな鍵と心得よ!の中でも書いていますが、逆質問は非常に大切なアピールの場です。

その機会を逃してまで、質問をしない人というのは、仕事に対しても何の疑問も持てず、何の成果も出せないでしょう。

必ず、面接官が「おっ!中々するどい質問するな!」という質問を考えておきましょう。

やりたいばかりで、どう役に立つのか?の視点がない!

続いては、「やりたい」ばかりで、会社側にどう役に立つかを説明できない人です。

今までは○○という仕事をやってきたのですが、△△の仕事がしたいと思って・・・・」

と一方的に自分の要求ばかりを話す人です。

これも何度も言っていますが、会社は学校ではないので、その情熱だけでは中々内定はもらえません。

実際に、何か実績を残したり、作品を作ってみせて、「御社に役立つ人物です!」と堂々と言えるようにしないと子供のわがままのように思われてしまいます。

私も未経験の経営コンサルタントになるために、前職で培った”目標を達成する能力”を前職の出来事と絡めて説明しました。

更に、マーケティングの職種を希望した際も、企画書などを見よう見真似で作って会社にアピールしたりもしています。

本当にやりたいことは、相手側のメリットになるような提示をできるようにしておきましょうね。

結論から話さない

言いたいことを詰め込みすぎて失敗する人が多すぎるでも書いていますが、結論から話すことは非常に大事です。

ピッシャッと結論を話し、後で理由を聞かれたときに説明をしていく!これを忘れてしまっては、話がまとまらず、何を言っても相手に通じません。

これは、普段からの意識が相当重要です。

相手の反応を見ながら、すぐにピンと来る結論を言えているか?意識しておきましょうね。

チープな質問をしてしまう

これは、とってつけたような質問をしてしまう人が多いために取り上げました。

社風はどんな感じですか?御社の理念をどう思っていますか?などとあまりにもチープすぎる質問は、一発で落とされます。

他の転職サイトなどを見ても分かると思いますが、ちょっとホームページを調べたくらいの質問は、その人の入社に対する本気度がまざまざと出てしまいます。

どうせ浅はかな質問をするくらいなら、転職活動するのも無駄だ!くらいの勢いで、深く企業に対して追求して、自身の経験を踏まえての質問をしてください!

まだまだ、言ってはいけない言葉はあるが・・・

まだ、他にも沢山の言ってはいけない言葉はあるのですが、代表的ないくつかを挙げてみました。

これらを見ていくと、大体他のNGワードが予想ついてくるのではないでしょうか?

私のサイトは、根本的な企業に嫌われる人材、あるいは好まれる人材について追求しているつもりです。

このサイトで出会ったのも何かの縁ですから、是非、全ての記事を読んで転職を成功させやすい人物像を理解して欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析