転職したい会社でなければならない明確な理由はあるのか?

   2015/07/28

明確な理由
会社に入るときに必ず志望動機を聞かれますが、あなたには”必ずこの会社でなければならない明確な理由”はありますか?

雇う側からすると、「他の会社でも良いのでは?」とか、「あぁ、すぐにまた転職しそうだな!」と思える人材は雇いたくないものです。

自らの会社のビジョンに共感してくれ、その志望動機からビジネスセンスを感じさせてくれる人間が欲しいのです。

例えば、IT業界などで考えてみましょう。

面接官「なぜ?弊社に入ろうと思ったのですか?」

あなた「はい、御社ではグローバル進出を視野に入れた○○のアプリケーション開発に積極的だからです。私は今まで○○というアプリケーションの開発に携わってきましたが、前職ではその設備投資や技術投資に積極的ではなく、来年の頭で開発をストップする予定でいます。私は御社の考えと同様、○○に対しての需要は今後も高まると思っていますし、その情熱も人一倍強いものがありますので、御社の力になれると考え、御社を志望しました。」

これは、私が考えたざっくりとした志望動機ではありますが、会社側が力を入れている○○というアプリ開発に関しての理解、そしてそれに対しての知識や情熱があることを説明することができています。

これにより、相手が欲しがっている人材であるというアピールと自分自身もそれをしたいという求職側と求人側のマッチングがしっかりとなされています。

はっきりと、明確にその会社でなければならない理由とは、このように自分と相手をマッチングさせつつ、その会社が力を入れている部分などを押さえておく必要性があります。

その切り口は、力を入れている事業内容、会社のビジョン、経営手法、新技術、何でも構いません。

自分と照らし合わせて、そこに役立つ人材であることも同時にアピールすることが大切なのです。

私が入社した会社も明確な入りたいだけの理由があった

私が転職した場合は、独自の経営管理システムを作り上げている会社だったので楽勝でした。

その会社の独自の手法は一般的にも本で販売されていましたし、何より経営者自体も有名でしたから、そのビジョンに対する共感と経営手法によりどのようなことを会社で成し遂げたいか!を今までの経験と絡めて説明しましたね。

大事なのは、その会社の大きな特徴をしっかりとリサーチすることです。

ほとんどの人が事前に会社の研究を怠りますからね。

あなたが、会社の特徴を掴み、そこで活躍できる人材であるというアピールを考えながら勉強をしておけば、それは立派な志望動機になりますし、相手からの「なぜ、弊社なのですか?」という理由にも明確に答えることができます。

転職したい会社でなければならない理由は見つかっていますか?

ここをしっかりと考えていないと失敗する可能性は大なので、誰もが納得するような理由を考えておきましょうね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析