転職活動は営業活動と考える!

   2015/07/28

営業
営業の仕事をやったことがない人もこの転職活動を通して、非常に大切なスキルを身につけることができます。

それが商品(自分)を売り込む力です。

企業は営業が基本です。

いくら凄い商品やサービスを作り出していても、それを望んでいる人に届けなければ意味がありませんよね?

例えば、あなたが洗濯機を欲しがっているのに、テレビを売り込んでくるセールスマンが来たらうっとしいと思いませんか?

逆に、洗濯機があなたが知っている知識以上のものを手に入れられたら相当ありがたいと思います。

そういった、求めている人に求めている物を届ける!そんなイメージで転職活動をするといいでしょう。

あなたはどれだけの価値を持っているの?

転職では、いかに自分を売り込めるか?が非常に重要です。

新卒での就職の場合、将来性やその人の性格を見て判断されますが、転職の場合は即戦力を求められていますから、如何に企業に役立つ人材であるかをアピールしなければなりません。

だから転職は営業マンが強いと言われます。

ですから私は今まで、自分を知ることから始めて、実績の棚卸し、企業の求めているニーズを知ることを推奨していたのです。

この、”転職活動は営業活動と同じである”というイメージを持って活動をしていると大分転職活動に関する意識が分かり易くなります。

自分だったらどういう人物が欲しいかな?という考えができますからね。

私は現在、キャリアアドバイザーでもあり、マーケティングのプロでもありますが、まず基本的にすることはターゲティングと呼ばれるものです。

どういった転職希望者がいて、どういった転職を求めているのか?そういった転職者のニーズを図ることから始めます。

そして、そういった転職希望者に対して、適切なアドバイスをするのが私の仕事なのです。

転職したい会社の実態をどれだけ分かっている?

非常に転職者の方で多いのがこのターゲティングができていないことが問題です。

あなたが行きたい会社はどんなニーズ(人材)を抱えていますか?

自分の持っている武器を確認し、それに合わせてそれを求めている企業側にその武器を提供する!

この思考は徹底して覚えておいてください。

特に、若い方は企業が育ててくれるだろうという感覚でいらっしゃいます。

そういった感覚でいると、絶対に転職は成功しないので考えを改めるようにしてください。

 

「自分はこういったものを提供できるから、企業側はお金をくれませんか?」

 

こういった根本思考を元に、じゃあ、自分の武器は何なのか?それを求めている会社はどこなのか?

これが私の考える、転職活動は営業と考えろ!という意見なのです。

この思考を元に、企業研究や自己分析をしていると、あとで面接が非常に楽になるので絶対に忘れないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析