あった方が良いスキル、歓迎するスキルの言葉に騙されるな!それは必須である

   2015/07/28

騙されるな

よく求人の中では、未経験歓迎です。あった方が良いスキル、歓迎するスキルは○○です。

といったあたかも資格や経験が無くても入れるかのような求人を出している会社があります。

正直言ってこれは、ほぼ”嘘”に近いです。

私は未経験から経営コンサルタントに入れましたが、管理能力や残してきた実績などの面から評価が高かっただけであり、「ある程度ここまではやったことが無くてもできるだろう」という企業側の目論見があったからこそ入社できたものと思います。

通常、求めるスキルや歓迎するスキルという見出しがついている会社では、そういったスキルを持っていなければダメだ!という風に捉えておきましょう。

その証拠に大手企業や優良企業はほぼ確実に専門職では必須のスキルという項目を設けていますし、持っていなければ面接すら受けてくれません。

ですから、そういった求人をかけている会社は元々あまり人が集まらず、仕方ないからあった方が良いスキル、歓迎スキルなどといった項目でニュアンスを薄めているのです。

多くの人がニュアンスに騙されている!

そうしておけば、あまり高いスキルを持っていないが、全く持っていない人よりは採用されやすいだろう!と考えて他の応募者が集まってくるからです。

どっちが採用されやすいかは明確ですよね?

本気で入りたい業界があるのであれば、その業界で最低限必要とされているスキルを身につけておきましょう。

そうしておけば、持っていない人に比べて格段に転職を成功させる可能性は高まります。

経理に行くのなら、簿記は必須ですし、IT業界に行くのならプログラミング言語が分かるくらいは当たり前!といった感覚です。

業界研究の方法に関しても業界研究のやり方はこうやってやろう!の中で私が話しているので、まずはそちらの記事を読んでみてください。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず!

転職でも何をするにしろ大事なことですので、怠らずに転職に必要な武器を調達するようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析