転職がうまくいかない人は、決まって自分に自信が無い!

   2015/07/07

6745180857_0472588479_b

どうしてあなたの転職はうまくいかないのか?

転職が中々決まらないって、本当に不安ですよね・・・

私も全く転職が決まらなかった時期があるので、良く分かっているつもりです。

あなたの転職がうまくいかない原因はいくつかあります・・・

 

このブログ内でもいくつか書いているのですが、

  • ネガティブな発言をしてしまう
  • 話に一貫性が無い
  • 転職先に活かせる前職のスキルを説明できていない
  • どこかで聞いたことがあるようなアピールをしてしまう
  • 転職先への利益をもたらせなさそう

 

など、その原因を探せばキリがないほどでしょう。

これは転職を上手く行かせるためのスキル的な部分で大変重要です。

が、しかし、私が何よりも大事だと思っていることが1つあります。

それが、自信の表れ!です。

 

精神論だけじゃ、はっきり言って今の社会では転職することは難しいです。

綿密に下準備をして、面接練習をいくつかこなした後に、自分を如何に効率よく相手(面接官)に売り込むか?を考えなければなりません・・・。

自分が高いキャリアアップを狙っているほど、その難しさは増すことと思います。

ですが、私がリクルートの一次面接までに受かったとき(最終面接では、私が思っていた職務内容の相違から面接官の人に自分でお断りしました。)は採用担当の方にこう言われたのです。

 

「君は顔つきが良い・・・!」

 

はっきり言って、「はっ?」です。

私はその仕事は完全に未経験でした。

ですから、即戦力!という部分から大きく外れた人材でもあり、また、志望理由で書いた内容があまりにも陳腐すぎるとして、その採用担当者からは笑われたくらいでした。※私としては大真面目に本気で書いた志望理由でした・・・

そんな男に、顔つきが良い!そんな部分で、日本を代表するリクルートが面接合格を出したのです。

 

当然、前職での根性面や、残してきた実績部分も評価されたのだとは思います。

が、それにしても・・・

 

これ、本当の話です。

帰る時に、リクルート社のエレベーターの中で一緒に乗って送ってくれたのですが、その担当者がガチな顔で、

「君、顔つきが良いから採用するわ・・・多分、この会社でもやっていけるよ!めっちゃ自信がありそうだよね?」

って言っていましたから!笑

 

しかし、逆に私は別の会社の面接でこんなことも言われています。

「彼は、何だか本当にやる気があるか分からなかったんだよね・・・」

後で、転職エージェントの担当の人に不採用だった理由を聞いた返事がこれです。

 

もう、お分かりですよね?

表情で、かなりの採用の合否を面接官は決めているのです!

前も、書いたと思いますが、人はビジュアルでほとんどその人の印象を決め付けてしまいます。

と、言うことはですよ?

どれだけあなたが、自信を持った顔で面接に挑めるか?は非常に重要なファクターの1つだということです。

自分が出来ること全てをやっていれば、自然と顔に出る!

私限定かもしれませんが、自分が完全に満足できるくらいまでの努力をしていれば、その努力は顔に出る!と私は思っています。

先ほどの不採用になったときの例も、私はその会社に対してあまり調べておらず、また、面接においても質問に対して答える内容などをあまり準備していませんでした。当然、話す内容もしょぼく、目が泳ぎまくっていたと思います。

リクルートの時は、仕事内容を良く理解できておらず、最終面接で内容が思っていたのと異なっていたので、辞退することにはなってしまいましたが、それでもその前に何度も別の会社の面接を受けていたので、聞かれるであろう質問に対しての答えは完璧に用意できていたのです。だから、根拠の無い自信が非常に高くありました。

 

ただ、あんたが努力したから上手く面接で答えられたんじゃないの?

そう思う方もいると思います。

そして、それはそうです。

でも、私が言いたいのは、如何に面接の準備をしていたか?という部分よりも、どれだけのことを自分がやってきたか?に集約されると思うんです。

これは非常に言葉に表すのが難しいのですが、内なる自信というものをひねり出せないと転職はうまくいかない気がするんですよね。

私も勘違いのような発言をしています。さっき書いた志望動機を面接官に笑われたというのは、今考えると顔から火が吹き出そうな内容です。

ですが、本当に自分の頭で考えて、搾り出したような質問に対しての答えというものはなんだか自信があるんですよ。

すると、顔つきまでその自信が生まれてくるんです。

本当に死ぬ気で努力しています?

思うような結果を出せていなかったとしても、本気で努力したことというのは、絶対に自信がつきます。

これは成果が出ていない状況であってもです!

全く、仕事が出来なかった当時、全ての自信を失った私が自尊心を回復できた理由も、死ぬ気で努力したからだと思います。

当然、結果が出ると更に嬉しくて、自信のある顔つきにもなってきますが、最初はそういった努力だけで自信のある顔つきになるしか方法はありません。

 

誰にも負けないくらい自分を見つめなおして、アピールできるポイントを探し出したでしょうか?

誰にも負けないくらい相手側の企業を研究し尽くしたでしょうか?

誰にも負けないくらい質問に対する回答を考え抜いたでしょうか?

 

結局のところ、精神論的な部分が外見にも現れてきて成功を収める結果になりえるのです。

騙されたと思って、一週間だけでも徹底的な転職に関する勉強を行ってください。

そこで死ぬ気で頑張れた人は、相当な自信のある人物になれると思いますよ。

同じような内容のことを話したとしても、全然別の内容のように聞こえるのです。

 

この記事を読んでみて下さい。

自分では分からない事を相手は気付いている

思考が顔に出る事によって、自分では上手く振舞っているつもりでも、相手には内心が読まれていて、気付かれている可能性があります。

嘘をついているのが顔に出てしまって、相手は気づいている。しかし、相手は騙されたフリをしていて、誤魔化せていると思っているのは自分だけ、という事もあります。

よく、「顔に書いてある」などと言いますが、実際に思考は顔に出やすいのです。

心理学では目の動きで相手の考えている事を読み取る方法がありますが、そこまで高度なテクニックを使わなくても、相手が考えている事が簡単に分かるというのは、皆さんにもご経験があることだと思います。

「一瞬嫌な顔をしたな」とか、「一瞬うろたえたな」とか。

そういう相手の変化は全て内面から出ていますから、良い思考をするという事は、良い顔つきを作る上で、とても重要な事なのです。

更に言えば、良い顔つきを繰り返す事で、良い顔立ちになる場合もあります。

例えばいつもニコニコしている人は、笑顔のシワが出来て、顔立ちが良くなります。逆に、いつもしかめっ面をしている人は、眉間のシワがくっきりとついてしまって、悪い顔立ちになってしまいます。

思考は顔立ちまで変えてしまう場合があるのです。

人相には心が反映される!良い思考で良い顔になりましょうより引用

まさに私が言っているのはこれです!

やれることを全てやった人は、その挙動、顔つき、全てにおいて信頼が出来るんです!

 

人によって、努力の限界レベルは違いますし、脳のレベルも異なります。元々持っている才能も異なるでしょう!

ですが、”やれることはやった!”という感覚だけは、自分で必ず到達できるものなのです。

冒頭で話したスキルは重要なことです。

だから、私もこのブログの中でそういった転職スキルを書いています。

でも、本当に書いてあるような内容を実際に実行できる人は少なく、その実行できなかった内容はちょっとしたあなたのしぐさや顔つきに表れてくるのです。

 

自信が持てる顔つきになるほどの努力をしてみましょう。

当たり前のような内容をここまで強く書いていますが、本当にこういったことが大事です。

自分のできることを完全にやり切る!

転職が上手くいかない理由を探す前に、自分の転職に対しての努力量を見直すことが大事だと私は思います。

そして、そうして自分の顔つきが変わるくらいの自信を持てるようになったら・・・

どの会社からも内定をもらえないなんてことは、絶対にないと言えると思いますよ。

私だったら、それだけの努力をできる人なんだな・・・って感じちゃいますから。

転職がうまくいかないあなたは、やっぱりやれるだけのことをやり切れていないのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析