あなたの転職はどのタイプ?転職タイプ別思考方法

   2015/05/18

転職タイプ

転職の準備をする前に確認しておいてほしいことがあります。

それは、「あなたの転職はどういったタイプの転職なのか?」を理解しておいてほしいということです。

転職したい動機は様々なものがあるとは思うのですが、私は大きく六つのタイプの転職者に分かれると思っています。

まずは、タイプ別に記したコチラの図を見てください。

転職タイプ

大きく六つのタイプに分けてみました。

自分はどの転職タイプか考えることによって、それぞれ今後の活動をどのようにしておこなえばいいかを常に意識してほしいと思います。

例えばですが、今の会社を逃げ出したくて転職したい方は、やりたい仕事があるわけでもないので、ただ漠然と求人を見て、直感的に会社を決めてしまったりもします。

すると、別の会社でも前と同じような会社で起きた自分の問題点にぶち当たってしまい、また転職をすることにもなりかねないのです。

だからこそ、今の自分の状態に置き換えて、それぞれのタイプでの学ばなければいけないことや行動の基準を決めていきましょう。

エグゼクティブタイプの転職者へ

まずは、エグゼクティブクラスの転職者の方から見ていきましょう。

そもそもエグゼクティブとは、上級管理職や経営幹部、重役などの人たちのことを指すのですが、当然このレベルでの転職では圧倒的な実力を兼ね備えておく必要があります。

私も経営コンサルタントだったので上級職の一部に入るのでしょうが、中々転職には苦労しました。

 

こういった転職を果たすにはまずは、自分がどの程度まで出来る人材なのか?を把握してほしいと思います。

そして、社会人的にも企業的にも自分は自信をもって受け入れられる!という確信が持てた方はそのまま、自分の理想の条件を兼ね備えた転職に向かって前進してください。これは後の転職活動を行う際にも、自分のスキルを理解し、説明しやすくなるのでオススメです。

逆に、「まだまだ自分はこういったスキルを持っていない」、あるいは「こういった考え方で物事を捉えたことが無かった!」という方は、もう少し今の会社で自分の力を磨くか、より、成長できそうな職場探しをして転職をした方がいいでしょう。仮に高い役職や上級職に就けたとしても、大きな挫折や苦悩、最悪の場合は解雇などをされて職を失ってしまうことにもなります。

もちろん、この先このレベルでの転職を果たしたいと考えている方もスキルアップしていきたいと考えている方も参考にしてほしい事柄を書いていますので読んでみてください。

”自分のこと意外にも目を向けられる”スキルは持っているか?

この高い地位での転職では部下を持つことはもちろんのこと、会社の顔としての責任も大きくのしかかってきます。

その中で、自分の部下の気持ちや自分の仕事以外の会社の状況、現在の経済状況など、ありとあらゆる情報を念頭に置きながら判断を下せる必要があります。

つまりは、「視野が広い」ということ、

これが必要不可欠なわけです。

エグゼクティブクラスの転職を考えているあなたは、物事の全体像を捉えられていますか?

そして、自分が与えられている仕事に対してそれがどういった役割を果たすのかをしっかりと理解していますか?

マクロとミクロ!両方の視点で物事を捉えられないと、必ず大きな失敗をすることになります。

ちょっと分かりやすく、私の建設時代の失敗例で例えてみましょう。

 

私は、大きな高速道路の工事をする仕事をしていたのですが、自分の担当を任された工事現場は本体とはあまり関係の無さそうなその中のごく一部の場所でした。

当然、工事には設計図面というものがあり、その与えられた工事にも図面があったのですが、私はその設計図を”間違いの無いもの!”という認識でしか捉えることが出来ずに、その図面だけを見て工事を進めていきました。

しかし、実際に工事が完成して、別の工事に取り掛かろうとしたときです。

なんと私が担当していた工事の一部が本体工事の邪魔になることが発覚し、私が作り上げたものの全てを取り壊すことになったのです。

まさに木を見て森を見ずの言葉通りに大きな失敗をしてしましました。

後で学んだことですが、大きな工事現場では必ず全ての工事に対しての照査を行わなければなりません。

私もその与えられた工事だけの照査はしていたのですが、全体の工事との整合性を確認するまでには至りませんでした。

 

これは会社の中で仕事をするときは必ず当てはまることです。

自分の仕事の意図はどこにあるのか?

社会に対しての会社としての意図はどうなのか?

社会はこういう状況なのに対して、それは適切なのか?

そして職場全体の仕事に対して、私が今やるべきことは適切なのか?

などなど、まさに全体を俯瞰した上での判断、あるいは行動が求められます。

もちろん、部下が付けば部下の不始末をカバーしなければならないでしょう。

これらの”視野が広い”ということは働く人全てに求められるスキルではあるのでしょうが、エグゼクティブタイプの転職を考えている人は必須でこの力を持っていなければなりません。

あなたはこれくらいのスキルは持っていますか?

自分の胸に聞いてみて、自分の力量を測ってみましょう。

何度も言いますが、エグゼクティブタイプの転職者は圧倒的に実力が重視されます。

今回は、一つのことに絞ったお話で具体性に欠ける部分が多かったと思いますので、自分のスキルの再確認をする意味でも、ビジネススキルのコラム記事を読んでみて、再度、自分は企業に受け入れられそうな人材なのか確認しておいてください。

キャリアアップタイプの転職者へ

エグゼクティブタイプの転職者同様、このタイプの転職希望者も自分の持っているスキルが十分かを理解しておく必要があると思います。

しかし、なぜこのキャリアアップタイプの転職者とエグゼクティブタイプの転職者を分けたかというと、自分の将来を考えた上での転職者か?そうでないか?で大きく考え方が変わるからです。

少し、「??????」と感じた人が多いと思いますので、説明しておきます。

 

要は、「しっかりと自分が将来どうなっていたいかを理解しての転職行動をしている」ということと、「なんとなく、もっとやりがいのある仕事をしたい」、「給料を上げたい!」では違うということです。

もちろん、私が指しているキャリアアップタイプ型の転職希望者は後者に当たります。

あなたはキャリアアップで、将来どういう自分になれるかが明確に見えていますか?

恐らく、仕事も出来て、それなりの会社での立ち位置も確保できているであろうあなたですが、転職をすることで大幅な給与ダウンや就職が決まらない、また転職に成功したはいいものの、やっぱり前の会社が良かったなどの問題が出てきてしまうと思います。

これは、将来のあなたの理想の姿を鮮明に描いていなかったことにより起こる問題です。

最初のあなたの転職したい本当の理由は何なのか?を理解する!の記事の中でも書いていますが、深く自分の得たい物を理解していないがために、世間体や目の前の高給与だけに惑わされて後で後悔することになります。

私は、キャリアアップは自己実現だと思っています。

そこに関して、曖昧なものなどは無く、しっかりと「自分はこうでありたい」というものが根付いています。

なので、他人の働いている職場などを見て、「あ~、あいつは早く残業も終わって、給料も良くていいな~!おし、俺もキャリアアップで転職するか?」などといった考えの方の場合は、もう少し今の会社でスキルを磨いておいた方がいいでしょう。

その方が後々、大きなチャンスが巡ってきた時にそれを物に出来ます。

まずは、明確な将来のビジョンが自分にあるか?そこから考えてみてください!

やりたい仕事があるタイプの転職者へ

なんとなくカッコいいから、面白そうだから、自分に合ってそう!転職の動機は何でも構いません。

この”やりたい仕事があるタイプの転職!”がしたい人は、その自分の熱量を知る必要があります。

やりたい仕事が出来た人は、未経験の場合が多いと思います。

漠然と憧れた・・・・

というのは、転職も決まりにくいですが、本当に心の底からやりたい仕事が見つかった時は、情熱だけで押し切ることが出来ます

私も未経験で、マーケティングの企画がやりたいと思っていましたから、会社側の商品を調べて、マーケティングの企画書を持ち込みましたよ。
全くの的外れで、全然マーケティング的にはダメだったかもしれません。

しかし、その熱意を買ってか、大手企業の書類選考に採用枠たった一つでも選ばれました

当然、私は経営コンサルの道に進んだので面接はお断りしましたが、全くの未経験者が有名企業の上級職の面接に来て欲しいと言われたのです。

要は、未経験者でも、情熱がそれを上回れば問題無く採用されるということの証明だと思います。

本当にやりたいことがある人は、まずはその仕事に関して徹底的に調べてみて、会社側にアピールするための要素を自分で作り上げてみましょう。

そうすることで、他者との差別化に繋がり、異例の採用も勝ち取る結果になるのです。

もし、今私が提案したような企画書を作ったり、何らかの形を示すことを面倒臭いとか思ったり、採用事項に書いていないじゃん!なんて思った方は、残念ながらその道での転職は辞めたほうが良いと思います。

結局、会社に入っても情熱が長続きしませんし、何らかの壁が立ちはだかった時に頑張ることが出来ません。

会社にとって、未経験者ほどお荷物になる危険性はありません。

しかし、それでも採用してもらうには、あなたに将来の可能性を感じてもらうしか方法は無いのです。

まずは、やりたい仕事が見つかった方はその仕事に関して徹底的に調べることから始めましょう。

会社に不満があるタイプの転職者へ

「なんで俺ばっかり・・・・」、「給料が安すぎる」、「残業が多すぎる」、「あの上司の下では働けない」

会社に対して不満を持っている方は大勢います。

そして、仕事のアフターの飲み会で愚痴を言い合うなんてことは皆さん経験ありませんか?

こういうタイプの方で気をつけてほしいのは、それは本当に今の会社では解決できないことなのか?に目を向けることです。

意外と自分の悩みを書き出してみて、客観的に見てみると解決できることはよくあります。

例えば、残業が多い職場を考えて見ましょう。

 

あなたの職場では、残業無しと採用試験の際には書かれていたのにも関わらず、月に100時間を越えるような残業があったとします。

そのせいで、帰ってからも疲れて寝るだけ!たまの休日ですら、来週の仕事に備えて家でごろごろしようと思う方も多いでしょう。

そして、日々の暮らしの中で楽しかった学生時代などを思い出してしまい、このままの生活で本当にいいのだろうか?もっと、充実した日々の暮らしを手に入れられないだろうか?と考えるようになります。

この残業の捉え方をどうみるかで大きく問題の解決方法は変わります。

多くの人が勘違いしているのですが、残業自体が問題ではなくて、それによってプライベートの時間を有意義に使えなくなっていることが問題なのです。

適切な時間の有効活用をできていると、意外と忙しい時間の間を縫ってプライベートを充実することは可能なのです。

極端な例を言ってしまえば、こういう方の場合は転職した先でも時間があってもパチンコに行ったり、飲み会に行ったりするだけで充実したプライベートを過ごす事ができません。

つまり、あなたの奥底にある要望に対して、何が原因で得ることが出来ていないか?に着目してほしいということです。

先ほどの例でいけば、週五回の勤務であれば、上手く残業時間を管理して水曜日だけは残業無しにして、計画的にプライベートの時間を使うなどですね。

 

また、対人関係なども相手のどの部分などに拒否感を示してしまうのかを突き止めてみます。

そして、それは自分が変わることで受け入れられないか?相手に伝えることで変えられないか?などを検討してみましょう。

人は無意識に自分が苦手とする行動を避けようとします。

そういったものを冷静に客観的な目で見ることにより思わぬ解決方法が見つかるのです。

仕方が無いタイプの転職者へ

続いて、仕方が無いタイプの転職者の方への記事を書きます。

突然のリストラ、会社の業績低迷、家庭の事情での転職・・・・

本当は今の会社で頑張っていきたいのだけど、どうしようも無い理由で転職するしか仕方が無い人もいると思います。

自分の気持ちとは裏腹に転職活動をしなければならないので、相当しんどいことだと思います。

しかし、職が無ければご飯が食べられないので、やるしかありません。

私から言える事は、正直に自分の心を捉えつつも前向きに考えることです。

何をみんなが言うような当たり前の事を!

そういう人も多いとは思います。しかし、それでも敢えて言わせてもらいたいと思っています。

苦難や苦境は突然訪れます。

そんな環境の変化に陥ったとき、あなたはどれだけ自分を見失わずに前向きにことを捉えられるでしょうか?

簡単に言うなよ!なんて思うかもしれませんが、ここがキモだと思います。

どんな逆境に対しても諦めずに、真剣に物事に向き合い立ち向かっていけば必ず道は開けますし、そういった人物はどんな場所でもやっていけると世間でも評価されます。

まずは、自分の今までやってきたことの確認、そして、今後の社会を見通した上での活動を心がけるようにしてください。

この屈強をチャンスと捉えましょう!

もう一度、新しい刺激と人生の転機を迎えられたのです。

私のサイトでは、様々な角度から転職する方法を紹介しています。

是非、当サイトをくまなく読んで新しい人生を切り開く勇気を持ってほしいと思っています。

逃げたいタイプの転職者へ

いよいよ最後です。

逃げたいタイプの転職者の方です。

要は、仕事が出来ない、あるいは上司に怒られるのが嫌だ!などの自分が原因だと分かっているけど、嫌でたまらないから逃げ出したくて転職をしようとしている人ですね。

勿論、全然悪くありませんよ。

誰だって壁にぶち当たりますし、物事から逃げ出したくなるものです。

しかし、絶対に転職してはいけません!

もうね、100%の確率で転職も失敗しますから!

仕事が合わなかったり、自分には向いていないということも確かにあるとは思うのですが、ある程度の自分はどこでもやれる!という自信が付くまでは会社に残ってください。

そして、自分に足りない部分を少しずつでも埋めていきましょう。

私が書いているビジネススキルやビジネスマナーなども読んで自分を成長させましょう。

これは、私の親父に言われた言葉で今も忘れられないのですが、

「逃げたら、絶対に逃げ癖がつくぞ!」

という言葉です。

これは、本当にそうで、何に対しても中途半端で投げ出すようになり、後には何も残らなくなります。

いや、何も残らないどころか”自尊心”という最も大切なものを失うことになります。

この自尊心を失うと無気力になり、何も行動に移すことが出来ません。

立て直すのにも非常に大きな時間がかかるのです。

今まさに、自尊心を失っているよ!と思うかもしれませんが、その挫折の中から自分なりに物事を考え、改善し、もう一度かつての自分を取り戻したとき、あなたは一回りどころか二回りも三回りも成長していることでしょう。

私も、一度大きく挫折した経験を持っているので自信をもってお伝えしています。

逃げる理由ももっともらしい理由にして逃げてはいけません!

絶対に奥底のあなたが理解しているので、後で顕著になって現れてきます。

非常にきつい言葉を投げかけて申し訳ないのですが、転職は諦めて、今の会社で踏ん張りましょう。

自分のだめな部分をもう一度ピックアップして見つめなおしましょう。

書き出すことで、自分の頭は整理されます。

そして、自分の課題に取り組んでいくのです。

一年で人は大きく成長することができます。また、一年後に転職したいと思ったらこのサイトでお会いしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析