転職を失敗するダメな転職理由ランキング!

   2015/09/03

転職失敗

転職をする前に、知っておきたいのが、あなたの転職理由は失敗する確立が高いのか?どうか?ということです。

転職するというのは本当に大きなリスクを背負ってしまいます!

あなたは自分の転職が失敗しないか?どうか?で心配だらけでしょう。

勿論、転職を失敗した人の多くは同じような問題を抱えているものです。

では、どのような転職が失敗するのか?

転職で失敗しやすいダメな転職理由をランキングで見ていきましょう!

第三位、人に誘われたから

転職を失敗する理由の一つとして、人に誘われたから転職する!というものがあります。

あなたの以前の上司、先輩に誘われて転職を決意した人は主体性にかけていることが多いようです。

転職とは、ある意味人生の決定的な分岐点を迎える場所であり、その分岐点に人から誘われた!という理由で転職するのはいかがなものかと思います。

 

もし、あなたが元々その転職先のビジョンや仕事内容に興味を持ち、それが自分の将来の描いていた姿に重なるのなら問題はないでしょう。

しかし、そういった考えもなく、ただ、ツテを頼って転職するのはリスク以外のなにものでもないのです。

以前、私が知り合った方で元上司に誘われて転職した方がいましたが、その方は転職した先で上司が解雇されてしまい、自分の居場所を失ったそうです。そして、その方もまた、仕事を辞めて転職をしました。

やはり物事の重要なことは自分の意思で決めたいものです。

いつ、どうなるか誰も未来は分かりません。あなたが自分で進路を決定して進んでいってください!

第二位、給料を上げるため

これも転職をする方で失敗する大きな要因の一つです。

勿論、転職理由の大きな要因の一つになるのはわかってはいますが、通常はその他にも原因があります。

もし、給料を上げるためだけを理由に転職をするのなら辞めておいたほうがいいでしょう。

実は、お金だけを追い求めて転職を繰り返す人は何度も転職を繰り返す傾向にあります。

「これだけ企業側がこぞって私に良い条件を出してくれるのだから、自分は凄い市場価値があるに違いない!」

そう思って転職を繰り返してしまうのです。

意外かもしれませんが、若い方などにいきなり高い給料を提示してくるような企業は”それだけの給料を支払わなければ人材が集まらない企業である確立が高い”ことが多いのです。

逆に、何年も実績を上げているのに給料が変わらないような人こそ転職を考えるべきです。

こういった人は力があるにも関わらず、会社側から搾取されている可能性が高いのです。

自分の年齢の平均給料を考えつつ、更なるキャリアアップを狙っても問題ないでしょう!

第一位、今の上司が嫌で転職する

これが、本当に多い転職理由の一つではありますね。

パワハラやセクハラを受けている場合は仕方ありませんが、それ以外の仕事の面で叱られたりしての転職は危ないと思います。

どの職場に行っても、おかしな人はいますし、あなたに合わない可能性も多いです。

転職先でも同じような上司がいたらどうしますか?

また、転職をしてしまうことになりかねないですよね。

今の上司が嫌でも、ジックリと腰を据えて「今の自分に何ができるだろうか?」と自問自答を繰り返し、本当にやれるだけのことをやった!という意識が入ってから転職を考えましょう!

多くの問題は解決できることが多いです。

会社側は異動させてくれないか?今の部署で助けてくれる先輩はいないのか?

もう一度、自分なりに何ができるのか?をよく考えてみてくださいね!

以上の三つが主に転職を失敗しやすい人の特徴です。

こういった転職理由で転職を考えている人は、もう一度自分のいる場所を見直したり、冷静になって判断をしてみましょう。

人は苦しいときに、どうしても隣の芝生が青く見えてしまうものなのです。

実はあなたの今いる場所は相当恵まれた場所なのかもしれませんよ?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析