ビジネスマナーとは何か?

   2015/07/07

ビジネスマナー

ビジネスマナーすら出来ないと仕事は出来ない!

転職をしたい方にまず話しておきたいのが、必ずビジネスマナーという基本的なスキルは身につけておかねばならない!ということです。

なんとなく、多くの人がビジネスマナーは「仕事に関係ないが、知らないと恥ずかしいもの」というイメージを持っています。

ですが、それは違います。

ビジネスマナーすらできないと、仕事もうまくいかないことが多いのです。

なぜなら、ビジネスマナーとは、常に相手の事を考えて配慮する力のことだからです。

ビジネスマナーができなくて、仕事ができる人もいる印象を受ける方もいらっしゃるとは思いますが、ある程度の段階に入ると頭打ちになってしまいます

それは、たった一つの行動で相手に不快な印象を与えてしまい、取引やスムーズな作業ができなくなってしまったりもするからです。

それは、転職活動の際にも大いに影響を与えます。

転職は第一印象が非常に大事ですからね!普段のビジネスマナーをどれだけしっかりと意識してできているかで、面接の時の印象が変わってきますから。

転職活動の時だけ、上手くビジネスマナーをこなせる方もいらっしゃいますが、それは転職した会社に入った後にメッキが剥がれてしまい、結局居場所が無い!などの結果をもたらしてしまいます。

私も正直、この記事を書いている間に思い出したビジネスマナーなどもありましたので、自分のそういった堕落してしまった部分を見直す良い機会となりました。

ビジネスマナーは若いうちに癖をつけなければ、後で大変な目を見ることになる!

私の友人で、あるたった一つのビジネスマナーが出来なくて、会社を首になった男がいます。

その友人は、朝早く起きて出社する!という当たり前のことができなかったのです。

学歴は国立の大学卒、能力的な部分でもIT業界で重宝されるような人材だったようですが、この”朝早く起きて出社する”というスキルがなかったために会社から追い出されました。

そして、別の会社でも実績が認められ、転職を成功させたものの、いつもの寝坊癖で会社を解雇されました。

実質三回ほど転職を繰り返したそうですが、どの会社にいても寝坊して首になったそうです。

今は派遣の仕事をしているようですが、そこでも寝坊を繰り返し、転々と部署を移動しています。

もう、完全に寝坊というものが癖になってしまったのでしょう。

これは、極端な男の例ですが、あなたも今でも出来ない当たり前のビジネスマナーを持っていませんか?

ビジネスマナーは習慣化が大切

ビジネスマナーは習慣化することで身につけることができます

そして、若いときに身に着けていないと、年をとってから非常に苦労をします!

おそらく先ほどの友人の例で行けば、近い将来だれからも相手にされなくなるような時がくるでしょう。

もし、あなたが会社で40代くらいの上司が遅刻してきたらどう思いますか?

絶対に言うことを聞きたくないはずです。

このように、ビジネスマナーが出来ないだけで社会人は舐められてしまいます。

ですから、必ず当たり前の常識として身に着けてください!

というより、ビジネスマナーができていない方は転職を先延ばしにした方がいいくらいです。

一つ一つの記事を読み込んで、自分がどの程度今の会社で気をつけてできているか?を確認して、もし身につけなけばならないスキルを出来なかったら、癖つけるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析