初めての転職をする方へ!転職でやるべきことパーフェクトガイド

   2015/11/08

初めての転職

初めての転職で押さえるべき流れとは?

初めての転職をしたいと思った方は、最初に何をしたらいいのかが分からない!と考えると思います。

私も転職を決意した当初は、全くの無知でどのように情報を集めたらいいかすらも分かりませんでした。

転職は最初に学んだ事柄や勉強の方法がその人の基準になってしまうので、最初に見た転職記事が非常に大事だと私は思います。

 

そこで、私が実際に初めての転職活動を行った際にやっていた行動や有益に感じていた情報をまとめておけば、大まかに間違いの無い内容を理解できるかな?と考えました

当然、既に転職活動を始めている方もいらっしゃると思うので、そういった方々は自分の途中経過を見て自分に合った記事から読み進めてもらっても構いません。

まずは、感覚でもいいので、こちらの記事を呼んで、どういった転職活動をするべきか?が理解して頂けたらと思います。

では、前置きはこのくらいにして、早速大きな流れを掴んでみましょう。

転職活動の大まかな流れ

  • 転職サイトに登録を行う
  • 筆記試験の勉強を始めておく
  • 自分との対話を行う
  • 人材紹介支援会社に登録する
  • 転職を成功させるための情報を集める
  • エントリーシート、経歴書を作成する
  • 履歴書を作成する、経歴書を修正する
  • 転職エージェントが紹介してくれた企業に応募してみる
  • 筆記試験を受ける
  • 面接を受ける
  • 退職、入社手続きを行う

大きな転職の流れはこのようなものです。

では、一つ一つを具体的に説明させて頂きます。

初めての転職、その流れの詳細とは?

まず、転職サイトに登録すると書いていますが、紹介する転職サイトは非常に沢山のコラムを扱っています

転職に限らず、全ての物事を行う際は多くの情報にできるだけ触れること!これが肝要です。

最初の内は膨大な量の情報に触れ、あとから、自分に不要だと感じる内容を捨てていきましょう。

転職サイトに登録を行う

リクナビNEXT

まずは転職サイトへ登録を行ってください。

転職サイトへの登録の目的は、様々な求人を見ることと、先ほども言ったように転職コラムを読むことで転職を成功させやすい脳を作ることにあります。

勿論私のサイトを見ることも転職を成功させるための脳作りの一環です。

 

転職サイトで登録すべき場所は、リクナビNEXTです。

とにかく鉄板的な転職サイトですので、これらを使って多数の求人と転職知識を補給していきましょう。

様々な求人を見ることですが、これは当然、あなたがどのような仕事をしたいか?を明確にしていくためです。

 

転職をしたいと思ったけど、「次にどのような仕事をしたらいいか?」、「どのような求人なら、今の自分を採用してくれるのか?」

が分からない人は沢山いるのです。

「未経験だけど、他の業界に足を踏み入れるのか?」、「今の業種、今の職種で給料アップを狙うのか?」

そういった考えを導き出すためにも、どのような求人があるのか。これをまずは、自分で探してみてください!

ちなみに、既に行きたい業種や職業が決まっている方は、自分との対話から始めてもらっても構いません。

 

リクナビNEXTへの登録をしておく。

 

筆記試験の勉強を始めておく

転職サイトへの登録と同時期くらいには、筆記試験の勉強を始めておきましょう。

SPI試験、GAB、CABなどが試験で多く扱われ、それぞれの会社で行うものは異なります

基本的に多いのがSPI試験ですので、一冊の参考書を買って、一通りこの時期から勉強しておくと後が楽です。

こういった筆記試験は地頭の良さを測るのが目的なように感じますが、実は、パターンがあります。

大体二、三回通ったらパターンが見えてくるので、安心してください。

それでも忙しくて時間がない人は、試験の一週間前に詰め込みでやっても大丈夫です。

私は詰め込みでGAB試験を受けましたが、一週間で大丈夫でした。

要は、一冊の本を何度も繰り返して、パターンを押さえる!これが大事というわけです。

自分との対話を行う

続いて、自分との対話に入っていきます。

先ほどの転職サイトへの登録が終わり、様々な求人を見ていく中で、

自分がどのような道に進んでいきたいか?

今の自分は、どのような市場価値があるのか?

はたまた、今までの自分の仕事を振り返って、これからどうするべきか?

などの様々な疑問が見えてきたかと思います。

そのゴチャゴチャした頭の中を整理させる必要があるのです。

己を知る!のカテゴリー欄をよく読んで、整理させなければならないポイントを掴んでおきましょう。

ここで、ある程度の自分の願望を決定づけておけば、後の転職活動の際に集中して一つ一つの物事を進めていけるようになります。

逆に、しっかりと自分の気持ちを整理させきらなければ、転職活動の途中で諦めてしまったり、転職なんてしなければ良かったと後悔してしまうことになるでしょう。

是非とも力を入れておいて欲しい事柄の1つです。

人材紹介支援会社に登録する

さて、自分の心の整理が終わり、転職の流れも掴んだら、今度は、人材紹介支援会社に登録していきます。

こちらは、転職エージェントを活用して自分に合った会社に転職しよう!に詳しいことは書いてあります。

自分一人での転職は難しいので、必ず活用をしてください

私に相談しに来た人でも、結構、自分で申し込んで転職をしようとする人が多いのですが、大抵失敗しています。

転職エージェントは多数あり、自分に合った転職エージェントを利用するようにしてください。

一覧にして、各エージェントを比較しています!

参考にしてみて下さい。

転職エージェント比較

転職を成功させるための情報を集める

自分の心の整理も終わり、転職エージェントへの登録も終わったら、今度は本気で情報収集に挑んでいきます。

このサイトを読んだり、転職サイトのコラム記事を読むことも大事なことですが、それは、転職の流れのための情報収集!

今度は、転職を成功させるための情報収集です。

こちらは、情報収集のいろはを知る!のカテゴリーの中に大事な情報収集のポイントを記載しています。

特に、業界研究や企業研究の方法、決算書を読むことでの会社分析は重要です。

是非、参考にしてみてください。

エントリーシート、経歴書を作成する

ついに、本格的な転職活動を始める時が来ました。

エントリーシートや職務経歴書を作ってみましょう。

エントリーシートも職務経歴書も就職活動と違って手書きで書く必要性はありません。

各、転職サイトのフォーマットを活用してください。この時も、最初に紹介した転職サイト、リクナビNEXTが非常に役に立ってくれます。

職務経歴書のフォーマットは転職サイトを活用する。を読んでみる

 

エントリーシートはさほど重要ではありませんが、職務経歴書は非常に大事です。

私の書いたコラムなどを参考にして、失敗しない職務経歴書を作ってください。

一応、転職エージェントへの登録や本格的な転職を成功させるための情報収集を行ってから、こういった書類は作るように推奨していますが、先に作っておいてもいいです。※先に情報を集めたり転職エージェントとの対話を行っているとなお、素晴らしい書類が出来上がります。

転職エージェントから作成してくださいとの依頼もあるかもしれないので、どういった職務経歴書が好まれるか?がわかっている人は早めに作っておいて、後で修正していけばいいと思いますよ。

ついでに転職エージェントに登録しておけば、添削もしてくれます。

自分なりに先に書いておき、出来上がったら確認してもらっておかしなところを直しましょう。

会社に合わせて柔軟に自分をアピールできるか?ここが重要なわけです。

履歴書を作成する、経歴書を修正する!転職エージェントが紹介してくれた企業に応募してみる

いよいよ応募に入っていきます。

転職エージェントから紹介してもらった求人にとにかく応募してみてください。

その際に必要な書類は、履歴書職務経歴書です。

職務経歴書は、作っておいたものを、会社の状況に合わせて修正していきます。

当然、原本はコピーして残しておいて、××会社向けの職務経歴書というものを作ればいいわけです。

これは、転職したい会社がどのような人物を好みそうか?で自己PRのポイントを変えて欲しいということです。

また、前職で成果を出した部分なども会社に合わせて変更させていきましょう。

履歴書に関して

履歴書は大変です。

なぜなら、手書きで書かなければならないからです。

手書きで書いた方が、人柄が分かりやすいので手書きでなるべく書いて、他者との心配りの差を見せつけましょう。

最近は履歴書もパソコンで書く人も多いようですが、やはりマメな人は手書きで書いたほうが味が出て、相手に高感度をもたれますので、丁寧な文字と字の統一された間隔を見せて、几帳面な部分を見せたほうがいいと思います。

最初に薄く下書きして、ボールペンでなぞるくらいの丁寧さが必要ですね。

とにかく、丁寧な字で、見やすさを追求してください。

履歴書に関しての詳しい話は別途お話をしていきます。

筆記試験を受ける

書類の審査に通ったら、今度は筆記試験です。

筆記試験では、途中でも話したようにSPI試験やGAB、CABなどが中心です。

たまにネット上で試験を先に終わらす会社や独自の試験を用意してくる会社もあるのですが、こういった会社の対応策に関しては転職エージェントに相談するのが最も良いでしょう。

私も転職エージェントに相談することで、ある会社の筆記試験の傾向を抑えることができました。

最初の頃は私も筆記試験で意外と引っかかっていたので、しっかりとした勉強をオススメします。

面接を受ける

筆記試験も終わり、いよいよ面接です。

面接に関しては、最初は必ず失敗します。

なので、私はなるべく沢山のどうでもいい企業を先に受けておくことをオススメします。

なんというか、場慣れして欲しいというか、面接で本当に上手く受け答えできるのか?を自分で体感しておいて欲しいからです。

練習を先にしておくと、自分の欠点が炙り出しやすくなるので、本番の会社を受けるときにサラサラと言葉が出てくるようになりますし、転職エージェントを通して、

「なぜ落とされたのか?」

という、自分の悪いところを先に見つけておけるのです。

本気で行きたい会社の書類は受かって、面接でダメ!なんて洒落になりませんよ。
面接のポイントは、面接通貨の鍵を知る!に書いてあります。

こちらを読んで、事前にどの程度の難易度なのか?把握しておきましょう。

退職、入社手続きを行う

面接も全て乗り切れば、後は新しい会社に入社するだけです。

円満な退職、スムーズな入社を目指して最後の締めをしっかりと行いましょう。

最後の最後で気を抜いてしまい、何かトラブルがあっては大変です。

慎重かつ、丁寧に、1つ1つの事柄をこなしていってください。

初めての転職まとめ

以上が、転職の大きな流れです。

如何だったでしょうか?転職って結構大変ですよね?

でも、ここまでやらないと、中々今は転職ができませんよ。

仕事もそうですが、転職もなるべく一発で思い通りに進めたいものです。

なので、しっかりとイメージを最初に沸かせるために、何度も何度も転職に関する知識を蓄え、行動していく計画を立てていきましょう

私が、転職未経験で、異業界の異業種、そして一流企業へ転職できたのも、この明確なイメージがあったからなのです。

是非とも、あなたにもしっかりとしたイメージを元に転職活動を行って欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

QLOOKアクセス解析